ゆとりエンジニア

ドミニオン日本選手権2017参加記録 (途中)

ドミニオン日本選手権2017参加記録 (途中)

ホビージャパン主催のドミニオン日本選手権2017 に午前の部で参加してきたので,そのレポートを載せる. 結果だけ先にいうと,予選 (1日目)敗退なので, レポートは予選の分だけである.

予選,本戦のサプライの記録を忘れたので,サプライに関しては ドミニオン日本選手権2017サプライ一覧 (とあるEngineer(4負債)のDevelop(3金)日記) から引用. こちらの記事に全日程分が記述されているので,サプライだけ知りたい方はこちらをどうぞ.

午前予選1戦目

  • 人数: 4
  • 自分の手番: 2
  • サプライ: 民兵,書庫,執事,鉱山の村,橋,改良,原住民の村,海賊船,宝の地図,海の妖婆
  • 順位: 2

初手

手番 1T 2T
1 執事
2(自分) 執事
3 執事 鉱山の村
4 執事 鉱山の村

読み

アタックカードに民兵,海賊船,海の妖婆の3種類あるが,それぞれ対策を検討するとあまり強くはないので自分は選ばないし相手プレイヤーも選びづらいという結論を出した.

  • 民兵: コインを出してくれるし,上位手番が打てば相手プレイヤーの書庫や鉱山の村の購入を妨げやすくはあるが,初手2-5のプレイヤーがいれば有利になるし,執事を入れたプレイヤーは破棄を優先するだけな気がする
  • 海賊船: 特にあるわけではないが,アクションによるコインが出る (民兵,執事,橋)ので財宝が削られても致命傷にならない上,デッキを圧縮してくれる分むしろアタックされたプレイヤーへのメリットが多そう
    • キーカードが落とされる方が怖いくらい
  • 海の妖婆: 改良 or 執事で破棄できる.原住民の村でマットに送って後々処理もできる.プレイしている側のデッキが成長しづらい.

より注視しないといけないのは,橋,鉱山の村,原住民の村,書庫を組み合わせたビッグブリッジと3山切れによるゲーム終了だろう. アクションを大量に出せるデッキをすぐ作れるわけではないが,原住民の村で力を貯めても良いし,橋の枚数が少なめでも鉱山の村の破棄によるコインを使えば属州を3枚以上購入するのはむずかしくなさそうである.

デッキ最終形としては,上位手番であることを生かして鉱山の村を3枚以上集め,上記のカードで3山切れを狙える形を維持しっつ属州とパーツを集め続けるデッキが良いかなと考えた. そして,鉱山の村の破棄をベストなタイミングで決めることを頭の隅においてプレイするようことを心がけようと思った.

対戦相手の初手 or 力量を探りながらになるが,執事から入るのは確定とした. 橋を1回以上プレイしてからの改良によるコンボパーツ or 勝利点カード獲得も面白そうではあるが,そこまで行く前にゲームは終わるかなとも考えた.

序盤

初手に書いてある通り,全プレイヤー執事を入れ,上位手番がアクションがぶるのを恐れずコンボパーツ集められる橋を選び,下位手番が早めに枯れそうな鉱山の村を入れている. この時点で,他のプレイヤーはちゃんとゲームの最終形を予想できる力量を持ったプレイヤーだと感じ (上から目線),気が引き締まった. 1番手はデッキ2順目で橋と執事が被らず,橋で鉱山の村を加え,執事を引いたターンは屋敷と銅貨を破棄できていた. 一方,2番手の自分は3T目に橋執事銅銅銅となり,アクションが被ってしまった. ただ,橋プレイの4コインは鉱山の村と原住民の村を加えられるので,被った中では優秀と考え,それらのカードを加えた. 4T目は屋屋屋銅銅とはならず3コイン出たので,追加の執事を購入することができた. 下位手番のプレイヤーは,3, 4T目で執事による破棄と原住民または鉱山の村または橋購入のどれかを行ったと思う.

中盤

デッキ2順目の動きがよかった1番手は,そのまま鉱山の村,橋と原住民の村と改良を購入していた. 2番手の自分は,1番手のデッキの構築の速さを見て,ビッグターンで3山切れされることを恐れ,鉱山の村を集めつつも.2位でも良いので安定して毎ターン属州購入ができるようなデッキ構築を狙って,橋を2枚にとどめて書庫を早めに加えた. 執事は破棄よりドローが必要なことが多く,結局屋敷2枚を破棄するのみとなった.

  • 最後の屋敷はデッキ3順目で運良く原住民の村でマットに送ることができたので,デッキの回転は破棄の割りに良かった.

この切り替えで,属州1枚目 (と屋敷1枚)を他のプレイヤーに対して先行し,かつそれなりに安定して属州を購入できるデッキとなった.

  • といってもこの程度の先行では,1番手ではなく下位手番にプレッシャーを与えるだけではあるが

3番手が破棄があまりうまく回らずにやや沈んでいた. 4番手は,破棄を順調に進めた後,民兵を購入していた

  • この購入はどうなのだろうと思ったが,4番手が沈んでいて書庫も購入していないので3位をほぼ確実に取れる手であり,1番手がまだ書庫を購入していない段階だったので,それを止めてる作戦だったのかもしれない
    • この民兵のおかげで,先行して書庫をいれた自分が1番手との差を少し詰めることができた

終盤

1番手は,ほぼ毎ターンプレイされる民兵対策で書庫を1枚加えた後,毎ターンやや長考しながら属州と原住民または橋を加えてビッグブリッジへの力を貯めていた

  • 3山切れで終わらせることを毎ターン考えなければならないデッキ構築なので,度が過ぎなければ長考はしかたないだろう

自分は,民兵対策で書庫をもう一枚加えた後,時間切れがほぼ確実そうなので,破棄もできるが毎ターン属州を購入することを優先して全力で1番手との属州枚数で差をつけ,タイマーを見てあと何ターン回ってくるだろうかと計算していた

  • 鉱山の村をいつ破棄するかのタイミング的に重要

3番手,4番手は金貨を購入しつつ,ときどき鉱山の村で調整して属州を購入していたが,上位手番に比べて常に属州1枚分は差をつけられていたので,ほぼ3位4位争いではあった. 時間切れになった最終ターンに,1番手は残っている鉱山の村を全て破棄して属州3枚前後と公領2枚前後を購入し,自分と比べて6点差を付けた. 自分は,その前のターンに鉱山の村を破棄していたおり,ハンドにアクションが書庫と執事しかなかったので,書庫をプレイして5コインで公領を買ってほぼ2位確定 (1番手はほぼ1位確定). 3, 4番手も勝利点カードを1枚購入して時間切れでゲーム終了.自分は2位のまま.

感想と反省

最終ターンに原住民の村も手札にあれば,鉱山の村がなくても書庫で橋を引いて属州1枚購入で同着1位くらいは狙えそうではあったが,揃う確率は低いし,実際揃わなかったので仕方ない. 初手が正しかったのかはわからないが,ビッグブリッジを見据えつつ鉱山の村優先でデッキ構築しなければ,それを集めることができたプレイヤーに属州枚数で差をつけられ,ゲームを終わらせる権利も握られそうなので,少なくとも悪い手ではなかったと思っている. 最終ターン1つ手前に鉱山の村を3枚破棄してから書庫を打ったが,10コイン1購入となって鉱山の村を1枚無意味に破棄してしまったのは反省だろう

  • 次ターンの1番手のビッグターンが確実で,属州1枚購入ができないことはなんとしても避けたかったので,1枚残す選択はできなかった
    • 最終ターンに書庫とその鉱山の村を含め,追加アクションのカードが引ける保証もないので

やや上位手番が有利そうではあるが,ドミニオンに対するの様々な知識や技能が試される良いサプライだったと思う.

午前予選2戦目

  • 人数: 4
  • 自分の手番: 4
  • サプライ: 庭園、役人、魔女、中庭、交易場,公爵、大使、密輸人、引揚水夫、バザー

午前予選3戦目

  • 人数: 4
  • 自分の手番: 2
  • サプライ: 木こり,鍛冶屋,書庫,秘密の部屋,貧民街,拷問人,寵臣,停泊所,見張り,島

午前予選4戦目

  • 人数: 4
  • 自分の手番: 4
  • サプライ: 村,改築,金貸し,共謀者,偵察員,銅細工師,貴族,抑留,策士,探検家